モンキー ターン 3 スロット

モンキー ターン 3 スロット

他に邪魔が入らない男三人で語った貴重な時間だったと言う

 それからも領主夫妻が貴族院へとやってきた時は、夜に少し話をする時間を設けてくれたらしい

滅多にとれない父親との時間に褒められたくて、全力投球した結果がフェルディナンド伝説だそうだ

「その時、神官長はこんなふうにお父様から褒められたのですか?」 もうちょっと褒め方を考えてよ、先代! と思っていたら、神官長は「いや、違うな」とあっさり首を振った

目が回るような褒め方は神官長独自のものだったようだ

道理で優しさが欠ける褒め方だと思った

あなたも好きかも:パチンコ 一般景品 上限
「じゃあ、神官長がしてもらったように褒めてくださいよ」「私が父上にしてもらったように?」 さぁ、褒めて! とわたしが両手を広げると、神官長はわたしが座っていた椅子に座った

あなたも好きかも:ブラスレイター パチンコ 曲
そして、わたしを引き寄せて、軽く抱きしめる

あなたも好きかも:一号機 スロット
まさか貴族の親子のふれあいでそのようなことをすると思わなかったわたしは大きく目を見開いた

 思わず「わっ!?」と驚きの声を上げるわたしにお構いなしで、神官長は今まで聞いたことがないような優しい声を出した

「よくやった、フェルディナンド

エーレンフェストの領主候補生として、十分な働きをしたぞ

其方は私の誇りだ」「……神官長のお父様が優しい方だったのはわかりましたが、そこはローゼマインに置き換えてください」 わたしのことを褒めてないのでやり直しですよ、と膨れつつ、わたしはそっと息を吐いた

家族や人との関わりが薄くて、人間関係に不器用な人だと思っていたけれど、父親との交流が一年に数日これだけだなんて、予想以上にひどいと思う

「よくやった、ローゼマイン

エーレンフェストの領主候補生として、十分な働きをしたぞ

君は私の誇りだ」 今度はちゃんとわたしを褒めてくれたけれど、神官長の中の思い出補正が薄れたせいか、かなり棒読みの褒め言葉で、言い終わるとすぐに突き放された

 きっと神官長は父親にこんな扱いをされなかったはずだ