オンラインゲーム レッドストーン2

オンラインゲーム レッドストーン2

 そして剣を受け取り、鞘から抜いた時、その理由がはっきりと分かった

「この剣は……」「レアノーのおっさんが姐さんに渡そうとしていた剣です!姐さんに渡せば、その剣が何なのかすぐに分かると!」 剣を握りしめ、その重さを感じる

魔力を通し、体の一部として体感する

今日初めて握った剣だというのに、これまで使っていた愛剣以上にしっくりとくる

 それもそのはず

あなたも好きかも:ゴールド ラッシュ パチンコ
私の剣は元々父が使っていたものを調整した剣だった

この剣は私が目指した騎士の象徴、父のために存在した一振りなのだ

あなたも好きかも:めぞん一刻 桜の下で スロット 曲
 魔具はその構造の複雑さから、強度を求められる武器としては利用されていなかった

特に身体能力に秀でたターイズの騎士達にとって、全力で振るうことのできない武器は選択肢に入ることがないのだ

 だが私が幼い頃、魔具を創り出そうとしていた人が身近にいた

それはメジスの聖職者だった私の母だ

 ターイズの強い剣と、メジスの魔法の技術

それらを組み合わせれば父が全力で扱っても壊れない魔具が完成するだろうと、母が言っていたのを思い出す

「へぇ、良い剣だな」「当然だ

これは私が目指した頂きなのだからな」 その剣はターイズの名匠トールイドが打ち、母とマーヤの師であった聖職者へと送られた

 しかし完成を待つ前に父が亡くなり、その存在そのものが有耶無耶になっていたが……まさかこんなところで出会うことになるとは

「せっかく奪ったのに、また新しい武器だなんて

いいわ、何度でもへし折ってあげる!」 ザハッヴァが狙いをこちらへと定め突進してくる