エンドール カジノ どこ

エンドール カジノ どこ

眉の形も、見開かれた目の形、虹彩の色も、睫の量も、鼻筋も、唇も、顎の形も、なにもかもが、セツナの母親の顔そのものだった

 女神像のときとは、なにからなにまで印象が異なるのは、神化による変容があったからに違いない

「……そんな」「セツナ、どうしたのじゃ? なにを驚いておる」「そんなこと」 セツナは、否定しようとした

あなたも好きかも:電波センサー スロット
「あるわけがない」 だが、口から漏れた声に力はなく、目の前の現実を否定するには、あまりにも説得力がなかった

自分自身を説得することができなかった

あなたも好きかも:スロット 新台 朝一
「偽物なんだ……」「本物だよ」 間髪を容れず告げてくると、ディナシアは、嘲笑うでもなく、淡々と続けてきた

「正真正銘本物のおまえの母親だ、セツナ

おまえは自分の母親を手にかけたのだ

自分の目的のために

自分のために

自分のためだけに」「俺は……」 セツナは、ディナシアを睨むことも、見つめることもできなかった

手の上にある死に顔から目を逸らすことができなかったのだ

「セツナよ

騙されるでないぞ

おぬし自身、いっておったではないか

異世界にいるはずのおぬしの母親が、こんなところにいるはずがない、とな」「その通りだ

それはおまえの母親に似せた偽物だ