スロット 実機 まごころ

スロット 実機 まごころ

 そして、新拠点のリビングで考助が休んでいると、シルヴィアがその手に珍しい物を持ってやってきた

「あれ、シルヴィア? お酒なんて珍しいね

フローリアが持っているのなら分かるけれど」 シルヴィアは特別なことが無い限りは、自分からお酒を口にすることはないので、お酒を持って考助のところに来るのは珍しい

 ちなみに、シルヴィアの後ろに着いて来ていたフローリアが持ってきていたのであれば、考助もここまで珍しがることはなかった

 フローリアは人前ではあまり飲もうとはしないのだが、考助との晩酌は偶に行っている

「特に理由はありませんよ

フローリアが飲むものを物色しているところに、たまたま行っただけです

私が持っているのは、そうしたかっただけです」「うむ

あなたも好きかも:パチンコ ゴッド プレミアム
本当は私が持っていくつもりだったのだがな

珍しくシルヴィアが加わりたいと言ってきたから、任せてみた」「へー

あなたも好きかも:学園黙示録 スロット
それはまた珍しい

でも、楽しみだね」 シルヴィアから一緒に呑もうと言われることはほとんどない

 なので、考助としても、久しぶりの三人での晩酌は楽しみなのであった

あなたも好きかも:ベラジョンカジノ 始め方
 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ ミツキが用意したつまみをテーブルの上に並べて、晩酌が始まった

「それで? フローリアの用事は何だったの?」 考助は、一口お酒を飲んでからいきなりフローリアにそう聞いた

 考助は、何となくお酒を用意していたフローリアに、不自然なところを感じていたのだ