パチンコ パーラー 語源

パチンコ パーラー 語源

『支配』に続く『暴力』まるで暴君のような表現だけど、何故かその言葉がもっとも自分にあっているような気がした

だとすれば

それが僕の力なんだろうか?良く分からない

あなたも好きかも:佐野 パチスロ イベント
ただの思いつきにすぎないから

だけど何故か心がざわつく感覚を感じてしまう

今まで感じた事のないような胸騒ぎだ

あなたも好きかも:燕三条 パチンコ 優良店
もしかしたら僕は可能性を手にしたのかもしれない

武藤君の言葉によって、だ

「師匠はどうしたいんですか?」彼の問い掛けに僕は…「全てを越える力が欲しいと思う」僕の想いを答えた

「だったら僕と同じですね!」確かに僕と武藤君は似ているのかもしれない

何故か自然とそう思えるんだ

あなたも好きかも:のんびり生活 オンラインゲーム
だけど…

笑顔を見せる武藤君の表情が少しだけ変化してしまう

「師匠!」笑っているように見えるのに、何故か彼の眼差しには強い悲しみを感じてしまったんだ

「師匠は好きにして下さい!」「えっ?」武藤君が何を言いたいのか分からなかった

「僕ならもう大丈夫です!色々なことを師匠から教わりましたからっ!!だから師匠は先へ進んでくださいっ!」突然、武藤君が頭を下げたんだ

「無理言ってばかりですみませんでしたっ!!でも僕、楽しかったんです!誰にも相手にされなかった僕に優しくしてくれたのは師匠だけだからですっ!!だから、だからこれ以上師匠に迷惑をかけることは出来ませんっ!!!」地面に頭をこすりつけて、想いを言葉にしていく

「師匠!ありがとうございますっ!!そして、お世話になりましたっ!!!」お礼の言葉を残してから全力で駆け出した武藤君は、そのままどこかへ走り去って行ってしまった

僕の返事を聞くことなく、どこかに行ってしまったんだ