カジノ 利益 税金

カジノ 利益 税金

……包帯グルグルで、顔も見れないんだよ

……唇がないから、まともにしゃべれないんだよ

……返してよ

……元気な橋田君

……ねえ、返してよ」 伝える言葉が震え、次第に怒りで顔が紅潮して歪み、加奈の目から涙が零れた

「……まだ、たくさん話したいことあったんだよ

あなたも好きかも:オンラインゲーム 情報サイト
……一緒に行きたいところだってあったんだよ

……十二月に入ったら、部活もなくなるし、一緒に下校しようって、話しもしてたんだよ

あなたも好きかも:パチンコ トキオ 曲
……ねえ、どうしたらいいの? ……橋田君、……いなくなっちゃうんだよ」 話し続けても、やはり山下は顔を上げることもなければ動くこともない

 加奈は息を震わせて車椅子のタイヤをグッと掴むと、怒りを露わに立ち上がって走り山下に掴み掛かった

「返してよ橋田君を!!」「加奈!!」 生美では立ち上がれず、反町がすぐに駆け付けて後ろから加奈の腕を掴むが、山下の腕を掴み引っ張る手を加奈は離さない

あなたも好きかも:テーブルゲーム おすすめ アプリ
 グイグイと力一杯揺さ振られる山下に、勇美はため息を吐き、煙たげに近寄って加奈の手を放そうと手首を掴んだ

「やめなよ、みっともない」「橋田君を返せ!! ……返せ!! 返せぇ!!」 気が狂ったように叫び涙を零して爪を立てる、加奈を止めようと、反町は背後から彼女の胸の上で腕を巻いて抱き寄せ引っ張った

「加奈!! 落ち着け!!」 ――これ以上興奮させるのはまずい

 車椅子を漕いで急いでやって来た生美も、悲痛な面持ちで加奈の服を引っ張るが、加奈は山下を離さない

そのうち、山下の目からも涙が零れてすすり泣き出すが、加奈はそれでも容赦なく食って掛かった

「橋田君とこれから楽しく過ごすつもりだったのに!! あんたが奪ったんだ!! あんたが橋田君をあんなにした!! 私から橋田君を奪ったんだぁ!!」 大声で叫んだ後、突然「ゴホッ」と咳き込んで山下の腕を放しふらついた加奈を、後ろから抱き締めていた反町がそのまま支えた