スロット アナザーハナビ弥生ちゃん

スロット アナザーハナビ弥生ちゃん

今となってはこれが必要かどうかわからないけれど、君に渡すものがあるんだ、エルム」「僕に?」「誰からかは、よくわからない

きっと君の方が知っていて、俺から聞きたいくらいだよ

これだけど」 ポケットから、ダイヤモンドを取り出せば、それを受け取ったエルムが驚きに硬直したあと、実に嫌そうな顔をして、それから

「――彼は、なにか言っていたか」「話しはいろいろと……ああ、もしかしてあれかな、盛大に腹を抱えながら笑い転げていたけれどね、比喩ではなく」 沈痛な面持ちで額に手を当てたエルムは、何かを言おうとして、けれど口を噤み、重いため息を落として、どういうわけか、傍に腰を下ろしてしまった

視線は合わせないが、頬杖をついている

「知り合いかい?」「古い、とても古い知り合いだ

気に食わないほどにね……まったく」「教えて欲しいものだ

あなたも好きかも:パチンコ 駄菓子屋
彼からも、君に聞けと言われたからね」「構わないよ

君が出逢えたこと自体が、既に奇跡的だけれど、まあなんというか、僕もここまで続けてきた甲斐があったというか、笑いのネタになったのならば、喜ぶべきなんだろうけれど」「どういう存在なんだい? あれはそもそも、人ではなかったようだけれど」「魔法師だ」 端的にそう言ってから、けれど

あなたも好きかも:七宝 ぱちんこ
「――と言っても、今の君にはわからないだろう

かつては、それなりに大勢いたのだけれど、今はいないし、いてもらっては困る

今でこそ安定している世界も、かつては非常に不安定でね」「大陸崩壊時のことかな?」「いや、それ以前のことだよ