スロット ライター 旅打ち

スロット ライター 旅打ち

『そういや、いつか俺もネイシャを名乗れたらいいなとか思ってたなぁ

ただ、そこに特別な意味は一つもなくて……、普通の初恋の話だったんだ

小さい頃ってのは、そんくらいの切っ掛けで、面倒な勉強だって死ぬほど頑張れたもんだ

あなたも好きかも:アインズウールゴウン スロット
くははっ』 年を取って、成長して、子供の頃はわからなかったことが解き明かされていく

 だから、いつも年長者たちは後ろを歩く者たちに託しておこうと、色々なことを教えてくれたのだろうか

あなたも好きかも:スロット 鉄拳 3
それは、いまになってわかるのは少し遅いけれど、いまになってわかるのが少し嬉しいこと

 ファフナーさんは僕と同じ気分のようだった

『……ああ、そうだな

いまの俺だから、わかるんだ

俺はヘルミナ・ネイシャという女性を、姉のように慕っていたとかじゃなくて、異性として好いていた

あなたも好きかも:三宮 禁煙 パチンコ
だから、俺は彼女の隣に立とうと必死だった

確かに、おまえとは違うな」「はい、違います

残念ですが」 共感はできても、明確に違う

  生まれ持ったものも違えば、ルーツも違う

 それを僕とファフナーさんは認め合っていく

 『親和』できないことが確定してしまい、途端に僕は吐き気を催す

 幼い僕でなく、現実の僕の身体の不調だ

 ゆえに、この過去の記憶は途端に歪んで、急激に遠ざかっていく

「くっ、ぅっ――!!」 耐え切れない吐き気だった