パチンコ 豊橋

パチンコ 豊橋

「あら、こんな時間に来るなんて珍しい

あなたも好きかも:けい おん パチンコ
なんだい、それ? 食べ物の寄付にしては随分大きいね」「これを食べるようなら教会に来るものなんていなくなるだろうさ

椅子を借りる」 袋を開けながら彼を椅子に座らせ拘束を解く

「あんた、嫁の貰い手が無いからって男攫うなんて……」「違う! 城門で捕まった者なんだがどうも我々とは違う言葉を話しているようなのだ」「言われて見れば奇妙な格好ね、魔族――じゃないわね

体内構造は人間そのものだし」 マーヤは聖職者、神に祈りを捧げ、人々の傷を癒し、生み出された呪いを解き、魔を滅するのが生業である

 視察するだけで人か否か見極めることができるのは、彼女が熟練の聖職者であることの証明だ

「あらやだ、この子ライの実食べてるわ

あれ酸っぱいのよねー」「コホン

それでだ、この者に以前私に見せた術を使ってもらえないか?」「え、あれ? 家畜管理用のやつよね?」「もしかすればいけると思うのだが」「そりゃあ……まあやってみましょ」 マーヤは青年の頭に手を置く

青年は何かを呟くが、それを聞き届ける前にマーヤの魔法が発動する

「あら? 失敗したかしら」「えぇ……」◇  何度目の目覚めだろうか、ここ最近ろくな目覚めがない

あなたも好きかも:スロット 化物
そろそろ元の世界の布団と枕を恋しく感じる

「おい、起きたか? 話せるか?」 声が聞こえる

視野をクリアに保ち声の先を見つめる

 そこには先ほどのゴリ――騎士が話しかけていた

「あ、ああ