シンフォギ パチンコ

シンフォギ パチンコ

 逃げるように距離を置き、竹刀を振り上げる教師

 辺りから悲鳴が上がり、それに気をよくしたのか教師の顔に陰湿な笑みが浮かぶ

 最低の人間としか言いようが無く、お陰でこちらも遠慮する気がなくなった

「段持ちの俺に刃向かうとは、良い度胸だな」 構えは確かに様になっているが、圧倒される雰囲気はない

 自分より弱い相手をいたぶるのがせいぜいで、それ以前に何段だろうと興味もない

 一瞬上がる竹刀の切っ先

 何かのフェイントか牽制

あなたも好きかも:鯖江市 パチンコ
 そんな事は構わず、スティックを鍔の根本に添えて上から強く押しつける

 抵抗したところでスティックを下へ滑り込ませ、後は上へと跳ね上げる

 竹刀はあっさり宙を舞い、目の前に落ちてきた所をスティックで横に薙ぐ

あなたも好きかも:do パチンコ
 真っ二つに折れたスティックは乾いた音を立てて地面へ転がり、後は呆然とする教師が目の前に現れるだけだ

「それで、段がどうしたの」「え、あ

それは」「今度騒いでる所を見たら、竹刀だけで済むとは思わない事ね」 スティックを背中に戻し、脂汗を流している教師の前を通り過ぎる

 もう一人いた怒鳴り声を上げていた教師は逃げた後