今後 の パチンコ 業界 について

今後 の パチンコ 業界 について

 絵で、動画で、カッコいいエフェクトを伴って魔法が発動します

まさに映像として派手な効果の魔法が多いから「見ているだけでカッコいい」のです

 しかし小説には映像は伴いません

だから小説では「中二病を刺激する」カッコいい「呪文」が欠かせないのです

そこでしかアピールできませんからね

 最近新規アニメ化された作品として秋田禎信氏『魔術師オーフェン はぐれ旅』ではカッコいい「呪文」が唱えられていましたよね

あなたも好きかも:スロット 戦国 乙女 天井
あれも元は小説だったからです

あなたも好きかも:パチンコ チャッカー 英語
 実は日本の「剣と魔法のファンタジー」の祖のひとつである水野良氏『ロードス島戦記』にはカッコいい「呪文」は登場しません

しかしアニメ化された際は、ハイエルフのディードリットが精霊を呼び出すときにもカッコいい「呪文」を唱えましたし、魔術師のスレインもファイアーボールの魔法を使うときにカッコいい「呪文」を使っています

 どうせ映像化される際に呪いの言葉が付けられるのなら、原作でもカッコいい「呪文」を書いたほうがウケがよくなるのです

 しかもカッコいい呪文は文章が長くなります

あなたも好きかも:義風堂々 兼続と慶次 スロット 語り
それだけ文字数を使えるため、字数稼ぎにももってこいなのです

 さぁ「剣と魔法のファンタジー」で「呪文」が必要な理由が見えてきましたね

 需要と供給が見事にマッチしているのです

「太陽に照らされし大いなる炎の精霊よ、大気の内よりわが剣に宿りてわが敵を焼き尽くさん

エンチャント・フレイム!」 う〜ん

私には「中二病に刺さる」ような呪文は書けませんね

 皆様もたくさんの「呪文」を開発してみてください

これが意外と苦労するのです