スロット 新台 値段

スロット 新台 値段

「二人とも心配してくれてありがとな

でも本当に大丈夫だ」「それならよかったわ

あなたも好きかも:パチンコ セイントセイヤ3 セグ
それより、一斗が倒れる寸前に見えたあの魔法陣はなんだったの?」 ティスティは聴こうと思ったけれど、聴きそびれてしまったことを一斗とマイに尋ねた

「魔法陣? ……あ〜、この世界にくるときや、ティスを助けるときに見えたやつか

実はおれにもサッパリでな

マイは知ってるか?」「……」 注目がマイに向くが、マイはその視線に気付いていないんじゃないかっていうくらい、なにかについて集中して考えている

あなたも好きかも:パチンコ こくさい
「マイ、どうしたの?」「あ、ううん

なんでもないわ

あなたも好きかも:v プリカ 買い方
マイにもよくわかんないんだ

でも、おそらく――」「記憶や体験を封じる術式が組まれた魔法陣、ですね?」 マイが答えようとしたところに、カールがいつの間にか部屋に入っていて答えた

 その言葉をきいて、反射的に身構えるマイだったが、カールだとわかると一応納得いかない感じで警戒を解いた

「記憶や体験を封じる……」 これまでにフラッシュバックしたことを思い出してみる

 それと同時になにかが解き放たれたーーそんな感触だけが妙に鮮明に残っている

「……そうね

でも、その術式は一人では絶対に完成しない

必ず誰かが一斗にかけたことになるわ」「誰かって?」「きっと今それを突き止めるのは困難でしょう

それよりその解放された何かについて、一斗くんは心当たりあるかね?」「それは――」 心当たりは――ある

 一つ目は、ティスを助けに火事の中に飛び込む前後で変わっていたことがある

 それが、あのときから「想いを伝える」ということをするように、できるようになったことだ