ミカド パチンコ イベント

ミカド パチンコ イベント

あなたも好きかも:オンラインゲーム 高画質
「トゥーリがギルベルタ商会とダプラ契約を行う上で、一番の足枷となるのが、お前だ」「え!? わたしの何がトゥーリの足を引っ張っているんですか!?」 邪魔をしている自覚がなかったわたしは両方の頬を押さえて、ひぃっと息を呑む

お世話になってばかりのトゥーリの足を引っ張っているなんて知らなかった

 適当に話を聞いている場合ではない

あなたも好きかも:ぬいぬい スロット
血の気が引くのを感じながら、身を乗り出して話を聞く態勢になると、ルッツが笑いながら手を振った

「あ~、違う

足を引っ張っているわけじゃねぇよ」「ホントに?」「トゥーリはお前がどこかに移動した時、一緒に行きたいんだってさ」 ルッツは軽く肩を竦めてそう言ったけれど、意味がよくわからない

 わたしが「どういうこと?」とルッツに尋ねると、ルッツはベンノを一度見た後、小さく頷いて口を開く

「オレも旦那様もだけど、プランタン商会はお前がどこか別の街に移動した場合、付いていく覚悟ができている

プランタン商会が印刷業を行い、本を売り出すなら、お前の側にいるのが一番だからな」 印刷に一番熱心な後援者はわたしに違いないので、プランタン商会は植物紙協会と印刷協会を広げるためにも、わたしと行動してくれるらしい

それは心強い

「そういう話をしたら、わたしも一緒に連れて行って、ってトゥーリに言われたんだ」 ルッツもトゥーリも今まではギルベルタ商会のコリンナの工房に入ればそれでいいと思っていたらしい

あなたも好きかも:上田 スロット専門店
ギルベルタ商会に入ってルッツやベンノに付いて行けば、わたしのいるところに移動できるはずだった

 けれど、印刷業を主とするプランタン商会と服飾を主とするギルベルタ商会は分かれてしまった

 ここでギルベルタ商会のダプラになってしまうと、トゥーリはギルベルタ商会から抜けることはできなくなる