パチンコ台 2012

パチンコ台 2012

その責任感の強さは、彼女が九尾の狐となれば、ザルワーン方面のみならず、かつてのガンディア領土から敵を排除し、護り続けるだろうと確信させるにたるほどのものだ

あなたも好きかも:パチンコ 並び 最高
「だが、シーラは意識を失い、九尾がその代わりを果たしている

だから、シーラにとって印象深い龍府を最優先に護り、ザルワーン方面を守護しているんだろう」 想像に過ぎないが、当たらずも遠からずといったところだろうとセツナは考えている

 かつて、九尾ことハートオブビーストは、シーラを溺愛さえしているようなことを発言していた

シーラを想い、シーラのため、シーラの望みを叶えようとするのであれば、九尾の現在の活動にも納得がいくというものだ

九尾にとって印象の薄いクルセルク方面を黙殺に近い形で放置しているのも理解できるし、アバードに手を付けないもわからないではない

アバードは、シーラの心の傷といっても過言ではないからだ

もちろん、シーラはいまもアバードを愛しているだろうが、そこには複雑な想いが入り混じっているのは疑いようがない

あなたも好きかも:パチンコ 景品イベント
「では、九尾様はシーラの意思とは無縁だと?」「完全に無関係とはいえないだろうが……シーラの意識はないと想う」 だからこそ、なんとしてでもシーラの意識を取り戻させ、元に戻す必要があるのだが

 でなければ、シーラはその生命活動を終えるまで、白毛九尾の狐としてあり続けることになる

あなたも好きかも:ホテル ゲーム機
カムイは庭園に立っていた

 昨日の会話を思い返して頭を整理する

 目の前には石の彫像があった

 拙くはあるが、努力が見受けられる彫刻は本人の意思が垣間見える

鬼の顔をした人間が、両手に剣らしき棒を携えた物だった

 その足下に

 小石を削って作られた人の頭

 目鼻立ちまでは作られず、ただ顔面には名が刻まれていた

 その内の一つは、カムイ