田川 パチンコ店

田川 パチンコ店

降りた瞬間、苦痛に顔を歪ませたが、すぐに平然とした表情に戻ってジンライとゼクウへと視線を向ける

「まったく、厄介なところに喚び出したな

敵の近くで召喚した主の失態であろうに」 英霊ジークがそう悪態付くが、ややこしいことに結局のところ自己批判である

その様子を見てジンライが少しばかり安心した顔をする

軽口を叩けるほどには、大丈夫なようだと思ったのだ

「どうやら、まだ余裕があるようですな」 ゼクウへと構えながらもジンライがそう口にするが、英霊ジークは苦笑しながら「いいや」と返した

「あの老人にはしてやられたさ

ただ切り裂かれただけではなく、傷口から内部に雷が走って、臓腑が灼かれた

かなりの割合で炭化しているし、全身が痛みでバラバラになりそうだ

あなたも好きかも:スロット g1優駿倶楽部 中段チェリー
まあ、普通なら死んでいるな」 召喚体でなければ絶命して然るべきダメージのようである

雷霆剣の威力も英霊ジークの生命力も異常なレベルのようであった

あなたも好きかも:スロット 無双 ボイス
「パワーは大幅にダウンか

あなたも好きかも:大正 の お金
天鏡の大盾ゼガイもこの有様では握れんしな」 今の英霊ジークは左腕が斬り飛ばされたために盾が持てず、まだ部位破壊により全体的に能力がダウンしている状態だった

実際のダメージから考えれば、そもそも戦闘が継続できること自体がおかしいのだが、そこはさすがに最強の戦士の面目躍如というところだろうか

その足取りはまだハッキリとはしていた

「今の我の力はジンライ、お前と同じくらいか」「……ハァ」 それでもまだ同じ程度なのかとジンライが気落ちするが、次の瞬間にはまたゼクウが消えた

「ぬぅ?」「後ろだジンライッ」 英霊ジークの言葉通り、背後に気配が現れたのがジンライにも分かった