此花 パチンコ店

此花 パチンコ店

そして"鳶目兎耳のネェツアーク"と名乗る男に対して沸いてきた感情は―――"戦ってはいけない"、そんな気持ちだった

勝てる負けるではなく、"戦ってはいけない"と全身に血が回るように、意識が回る

なお不思議なのが、"この男と会うのは3回目"だと"戦ってはいけない意識"と一緒に巡るのだ

あなたも好きかも:009 パチンコ 215 曲
記憶は"この鳶色の男と会うのは通信器を貰ったのと、今を合わせて2回目の筈だと"と言っている

あなたも好きかも:熊本 市 パチンコ 優良 店
(ダメだ、腹が減りすぎて、記憶と感覚がごちゃ混ぜになっちまう)「クローバー君、空腹で頭が回らないかもしれませんが、それこそ頭を使わなくていい問題です」まるで心を読まれたように、ネェツアークに言葉を挟まれた

「デンファレさんを形容する言葉が、"美しい"以外にもある筈です

そして、その言葉に当てはまる人が、国王陛下が求める女性(ひと)なんですよ」「美人以外で、ディンファレさんを表す言葉、すか」ルイとネェツアークが向かい合って話す中、一番に"言葉"に気がついたのは―――リリィだった

リリィは思い付いた言葉に緑色の目を丸くして頬を紅くして、ディンファレを見てから、次に彼女以上に言葉が似合いそうな、アプリコットを眺めた

少女の視線と頬の紅で、アプリコットは自分が"捲き込まれる事態"の察しがついてしまう

そしてアプリコットの中にあった"狼狽えたりしない自信"は見事に打ち砕かれ、ついでに"絶対狼狽えたえないという根拠"も、見事に掻き消えていた

ただ仮面をしていて、本当に良かったとアプリコットは考える

その内側で真っ赤になっているのが、自分でも分かったから

「―――えっと、じゃあ、アプリコットさまが」リリィがそこまで言うと――ネェツアークからの視線に、気がついた

あなたも好きかも:巣鴨 スロット ライズ
鳶色の男はイタズラ好きな笑顔をリリィにむけて浮かべて、長い人指し指を口に当てて『内緒』の仕草を示す

(あの女性騎士さんが、美人以外でいったら、"べらぼうに強い事"ぐらいしかないよなぁ)ルイには、それぐらいしか思い付かない