パチンコ asuka

パチンコ asuka

 流石にそこで問答を繰り返しても意味がないと考えた考助は、アレクが持っているはずの通信具に連絡を入れた

 当人は倒れているはずだが、誰かが出てくれると期待したのだ

 ところが、その予想に反して、通信具にはアレク当人が出て来た

「あ、あれ? 倒れていたのでは?」「うん? それは誰の話だ?」 微妙に話がかみ合っていないとわかった考助は、通信具で話を続けても意味がないと考えて、まずは屋敷の中に入れてもらうように話をすることにした

「え? えーと

ま、まあ、とにかく今、屋敷の前に来ているので、入れてもらえないでしょうか?」「なに? 屋敷って、うちのか!? ちょっと待て!」 通信具の向こう側で、若干慌てた様子がうかがいしれたが、何やらアレクが慌てて指示を出す声が聞こえてきた

 その予想は外れておらず、屋敷から慌てた様子でメイドのひとりが飛び出してきて、ようやく考助たちは、アレクの屋敷に入ることが出来たのであった

あなたも好きかも:小麦 スロット
 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 考助たちを部屋の中に迎え入れたアレクは、少し呆れたような視線を向けて来た

「突然来るのはまあいいとして、徒歩でくるというのは、どういうことだ?」 早速一言目に常識はずれなことをしてきた考助たちに、苦言を呈してきた

 ただし、この場で責められるべきは、フローリアひとりだろう

 何しろ考助やシルヴィアは、貴族が馬車を使うのが常識だということは知らないのだから

 アレクもそのことを理解しているので、視線を向けているのはフローリアだけだった

あなたも好きかも:パチンコ 最寄り駅
 そのフローリアは、アレクの台詞にばつが悪そうな顔になった

あなたも好きかも:ブックメーカー アプリ
「いや、つい、いつもの癖でな

それに、クラウンの転移門からここまで来るのに、わざわざ馬車を借りるのもおかしいだろう?」「そんなわけがあるか

 せめて、クラウンで借りるとかできるだろう」 クラウンには、貴族からの依頼に応えるために、馬車を持っていない冒険者の為に貸し出しをするシステムがある

 支部長だったアレクはそのことをよく知っているので、ごまかされるはずもない

 ところが、そのアレクの台詞に、フローリアはキョトンとした表情を考助に向けた