ガルパン スロット 戦車道

ガルパン スロット 戦車道

 それでも絶えず人が行き来しているのは確か

 大変だなと人ごとのように思いつつ、文庫本を読んでいるサトミへお菓子を渡す

「仕事、良いの?」「少し休憩してるだけ

今日は、もう帰ったら」「まだ終わる時間でもないでしょ」「遅いわよ、多分」 壁の時計へ流れる綺麗な切れ長の瞳

あなたも好きかも:パチスロ 効果音 フリー
 名古屋港高校なら、とっくに下校時間を過ぎている

あなたも好きかも:延岡 湖月 パチンコ
 そしてサトミの視線は、私の隣にいる女の子へと向けられる

「慣れない所に来て、疲れてるんじゃなくて」「まあ、少し」「という訳」「なるほどね

あなたも好きかも:芦屋 駅前 パチンコ
じゃあ、駅まで送る

行こうか」 すでに日は落ち、正門へ続く並木道にも街灯が灯る

 左右の雑木林は闇の中で、正直一人では歩きたくないな

「今日は案内してくれてありがとう」「ばたばたしてて、ごめん」「いつも、あんな感じ?」「それ程の違いはないのかな

多少の波はあるにしろ」 風が吹き抜け、枯れ葉の目立ち始めた街路樹が音を立てて揺れる

 情緒と言えば聞こえは良いが、あまり楽しくない情緒だな

「怖いの?」「暗いのはちょっとね」「あんなに大きい男の子には平気なのに?」「人間はいいけどさ

お化けはちょっとね」  何となく静かになる空気