恋物語 スロット

恋物語 スロット

ずいぶんと効率良く魔力が流れたようだ」 神官長の言葉で、青色神官達がホッとしたように息を吐き、立ち上がったのがわかった

 わたしはもう一度身体強化の魔術をかけようと魔力を流す

赤い布に付いたままの手から魔力がずるんと流れていく

あなたも好きかも:パチンコ 瑞穂 名古屋
「儀式は終わりだぞ」 神官長の呼びかけに、ぼてりとわたしの体はその場に倒れた

 跪いて両手を床に付けるという土下座状態だったので、横に転がっただけで大したダメージはない

けれど、わたしが倒れたことで周囲は騒然となった

「神殿長っ!?」「騒ぐな

大したことではない

原因はわかっている」 神官長の静かで迫力のある一喝に儀式の間はシンと静まった

「神殿長の側仕えを入れるので、其方等は退室せよ」「かしこまりました」 青色神官達を追い出し、わたしの側仕え達を呼びに行かせた神官長が、転がるわたしを見下ろして「だから、慣れておらぬ者には難しいと言っただろう

あなたも好きかも:北斗のけん パチンコ
馬鹿者」と言った

あなたも好きかも:高尾 パチンコ 沼
「こんな状態で冷静にお説教しないでください」「大事なことも、忠告も、すぐに忘れてしまう君の記憶に残しておくためには、それなりに衝撃的な状況や強烈な印象が必要だろう? 状況によっては身体強化を使うことができなくなる

その程度は想定しておきなさい」「うぅ……