パチンコ 恋愛対象外

パチンコ 恋愛対象外

…不運だったのだ

…あれはそう思うしかないことなんだ

ここでの惨劇はシェリルだけの責任ではない

「もうこれ以上…自分を責めるな、シェリル

あなたも好きかも:おすすめ スロット台
」遠く離れていくシェリルの背中を静かに見つめる

あなたも好きかも:シンフォギア スロット ツール
そんな俺のすぐ傍で、一人の少女が何も分からないまま俺の言葉を聞いていた

――翌日、王都へ向かうはずだった

 すぐ近くなので、昨日の冒険者が起き次第向かうつもりだったのだが、昨日飲み過ぎた二人とこちらのパーティの三人も少し休んでの移動ということで、ラバの街を散策することに

 別にほっといてもいい気がするが、フェルサの話があったり、一応依頼を受けてくれたパーティとやむなく行かなきゃいけない為、仕方なくである

 とはいえ、俺自身は初めての街散策だ

軽い足取りでリュッカとアイシア、宿屋内にいたフェルサ、バーク、サニラと共にラバの街を歩く

 ちなみにバトソンとジードは留守番

バトソンは馬達の調子を、ジードは潰れている者達が起きてきた時のことを考えてのこと

それに――、「若い子達だけの方がいいだろ

今ならまだ人も少ないし、楽しんでおいで……」 ――大人の貫禄というお小遣いをくれた上、気を遣ってくれた

できた大人である

 これも冒険者から培った人生経験の賜物だろうか

それならフェルサも学校に行く必要もないのではとも考えたが、同い年の子と学ぶ学ばないは違ってくるだろう

 いわゆる競争率を高めて、個々を延ばすというもの理にかなってるとしみじみ感じる中、じゃあこの二人はと考えた