慶次 スロット モード示唆

慶次 スロット モード示唆

 実際には笑っていられるような会話ではなかったが、私も付き合いで少しだけ笑顔を浮かべる

「油断は禁物だけど、張りつめすぎても仕方ない

勿論そのバランスは難しいし、自然体なんて達人じゃない限り難しいかな」「はあ」「僕も彼については、注意しておく

雪野さんも気を付けて」「あ、はい」 駐車場で車に乗り込み、クラクションを鳴らして帰って行く沢さん

あなたも好きかも:グランブルー カジノ マクロ
 そのテールランプを見送り、女子寮へ歩いていく

あなたも好きかも:花魁 曲
  スクーターでも良かったが時期的にはやや寒く、少し着込んで徒歩を選んだ

 ただいまの沢さん達の話を思い出すと、一人で帰るのが不安になってくる

 私が狙われている訳でもないし、そういう兆候は何もない

 だけどこの街にはドラッグを売りさばく人間がいて、それを買う人間がいる

 大通りは人で賑わい、車道は激しく車が行き交う

あなたも好きかも:苗穂 スロット
 でもそこから一本路地に入れば、薄い闇がどこまでも続いている

 気付けば駆け出し、息を切らせて女子寮の敷地に辿り着いていた

  走った時間は大して長くもなく、歩くのとどれ程の違いもないと思う

  口では色々言っても、精神的には多少追い込まれているのかもしれない

「顔色悪いわね

調子悪い?」 心配げに声を掛けている、門の隣に立っていた警備員さん

 彼女に愛想良く微笑んで何でもないと告げ、一旦後ろを振り返って寮へと向かう

 自分の部屋に付き、ベッドに倒れ込んでようやく一息付く