鉄 の ライン バレル スロット

鉄 の ライン バレル スロット

貴女の指導は何も間違ってはいないわ」小百合の指導が荒いというのは大いに同意できることだった

荒いというのは言ってしまえば雑だという事でもある

だが言葉を返せばそれは実戦的であるという事でもある

教科書を読むだけでは決して得られない実際の体験

それは実戦に限りなく近いものであるからこそ、痛みを伴った経験だからこそ身につくものだ

小百合の指導は間違ってはいない

あなたも好きかも:パチンコ わたる
だがそれだけでは学べないものがあるのも確かだ

恐らく智代はそのあたりのことをよく理解しているのだろう

「幸彦さんってどんな方なんですか?まだ話しか聞いたことないですけど」昼食を口に含みながらそう聞く康太に真理は微妙に困りながら小百合の方に視線を向ける

真理としても自分の口からどう説明したらいいのかわからないのだろうか、小百合に助け舟を求めているようだった

「あの人は凄いぞ、私が使う徒手空拳はあの人のものを参考にしたんだ

あなたも好きかも:ダンまち スロット 設定変更
近接戦闘、特に徒手空拳であの人の右に出るものはそういないだろうな」「へぇ・・・師匠よりすごいんですか?」「私なんて目じゃないだろうな

何よりあの人は教えるのもうまい

あなたも好きかも:ゲーム機 販売台数
そう言う意味ではあの人と手合わせをするというのも悪いことではないだろう」小百合の指導が実戦形式であり、叩きのめして伝えるものであるのに対して幸彦の指導はしっかりと型を教え、そこから実際に使ってみることで教えるのだとか

いわば喧嘩的な教え方と武術的な教え方の違いである

その両者は似ているようで圧倒的に違う

今の小百合があれほどの実力を持っているのも兄弟子である幸彦の力が大きいのかもしれない