大神 スロット 設置店

大神 スロット 設置店

あなたも好きかも:グランルーレット
 問題なのは、倉の中が埃まみれであり、暗闇を切り裂く魔晶灯の冷ややかな光の中を無数の塵や埃が漂う様を見せつけられ、一歩踏み出すことさえ勇気がいるということだった

(なによこれ) 右手で魔晶灯の持ち手を握り、左手で口元を覆いながら、ファリアは蔵の中を見回した

地上二階建ての蔵の一階部分に足を踏み入れたばかりだったのだが、閉ざされていた扉を開けたことで吹き込んできた風が舞い上げた塵や埃のせいで、これ以上一歩も進みたくないという気持ちが湧いてきて仕方がなかった

蔵の一階にはなにがあるわけでもない

埃を被った道具や調度品などが見受けられうくらいで、別段興味を引くようなものはなく、ファリアはそれだけを確認して外に出ようとした

蔵の出入り口を一瞥して、セナ=タールトンがこちらを見守っていることを知り、再び進路に向き直る

(本当にこの奥にいるのかしら?) ファリアは、埃を吸わないように注意しながら、一歩、また一歩と足を踏み出し、蔵の奥に向かって進みだした

「いい忘れておりましたが、ミリュウ様は地下に篭もられております」「地下ね

わかったわ!」 セナに力強く返事をしてから、ファリアは左手で懐から手拭を取り出した

手拭で鼻と口を塞ぎ、塵や埃の吸引を最小限に抑えようと試み、その状態のまま、奥へと進んだ

 地下への階段はすぐに見つかった

あなたも好きかも:神の左手悪魔の右目 スロット
光がまったく入り込まない蔵の地下へと伸びる階段は、真っ暗闇に包まれており、足を滑らせて転落しないように注意を払わなければならなかった

一歩一歩、足場を確かめるように降りていき、ついに地下へと辿り着くと、階段の先に通路があった

あなたも好きかも:パチンコ フェアリーテイル2 期待値
魔晶灯を掲げると、通路の先は行き止まりで、左手に扉があるのがわかる

扉は閉ざされているが、通路の先が行き止まりである以上、扉の中にミリュウがいるのは間違いなさそうだった

(タールトンさんの話が間違いじゃなければ、だけど) あの老執事がファリアに嘘を教える理由はないが

 ファリアは、通路を進むと、扉に向き直った

両開きの扉は、蔵の意味や構造を考えると、不要なもの思えてならなかったが、いまはそんなことを考えている場合でもない