蒼穹のファフナー スロット 中段チェリー

蒼穹のファフナー スロット 中段チェリー

「道具みたいにってよォ……? 事実を述べたまでだろ? 世の中にゃ家族や友人みたいに幻獣・魔物を『慣らしている』奴もいるが、それはただの自己満足だ

一部を除いて知恵を持たねェ動物《しもべ》をどう扱おうが、何されているか分からねェから問題無ェだろ?」 何言っているんだ? と、呆れるようにそう言わんばかりの表情で淡々と述べるジュヌード

 前述したように、昔から幻獣・魔物と生活してきたリヤンにとっては友が馬鹿にされたかのような腹立たしさがある

そんなジュヌードに向け、リヤンは立ち上がった

「……ッ! ……許さない……!」「許さない……だと? 誰もお前に許しを請《こ》うた覚えは無ェぞ?」 怒《いか》るリヤンに向け、ジュヌードは飄々とした態度で話す

それにリヤンは言葉で返さず、握り拳を作ってジュヌードを睨み付ける

その目には鋭い殺気が込められていた

「ハッ、俺とやる気か? なら、まずはコイツらを倒してからだな!!」 ジュヌードの合図で倒れていたブラックドッグは起き上がり、待ち構えていたイフリート、タキシムがリヤンに向かう

あなたも好きかも:ヤッターマン スロット 朝一
『グルオオオォォォ!!!』『グオオオオオ!!!』『………………!!!』「……ッ!」 しかし、リヤンにそれらを相手にする術は無い

 幸い? ブラックドッグ以外はそれほど動きが速くない為、ブラックドッグに注意すれば何とか避ける事は出来た

あなたも好きかも:グラップラー刃牙 スロット 下パネル
だが、避ける事は出来ても攻撃する事が出来ない

 ライやエマ程の力も無ければ、レイの剣みたいな物も無い

あなたも好きかも:パチンコ ポイント景品 上限
そしてフォンセやキュリテのような魔術や超能力も無いのだ

 力無きリヤンは悔しさを持ちながら、三体の攻撃を避けては策を練る

「一体……どうしたら……」 策を練る中、ブラックドッグとイフリートが建物を砕き、タキシムがリヤンへ触れようとする

その攻撃に対してもリヤンは何とか逃げているが、逃げる事しか出来なかった

『グルオオオォォォ!!!』『グオオオオオ!!!』『………………!!!』 そして、最終的に追い込まれてしまうリヤン