現在、このアプリケーションはこれ以上ユーザーを認証できません。

現在、このアプリケーションはこれ以上ユーザーを認証できません。

そのまま横になると思いきや、他の仲間を起こさないように静かに立ち上がると、アサルトライフルを担いで倒木に寄りかかってた俺の隣までやってきた

「……眠くないの?」「ああ、慣れてる」 見張りにも慣れたが、前世の残骸に苛立つのも慣れた

後者の理由はさすがに口にするわけにもいかないので、自嘲して誤魔化しつつランタンの光を見下ろす

「そう………

ごめんね、いつも見張りさせちゃって」「気にすんな

暗闇の中だと落ち着くんだよ」「ふあ………」 もう一度あくびをしてから、彼女はまた瞼を擦った

眠気が消えてきたのか、段々と彼女の放つ雰囲気がいつもの雰囲気に戻り始める

あなたも好きかも:ウサビッチ パチンコ 中古
 ぼさぼさになっている髪を手でなぞったナタリアは、息を吐いてから俺の近くに寄ってきた

男子にしては小さい俺の肩に、俺よりも小さなナタリアの肩が触れる

「………あのさ、私も転生者ハンターになるって言ったわよね」「ああ」「………私もね、許せないの

あなたも好きかも:戦国恋姫 パチンコ セグ
ネイリンゲンを焼いたのも………転生者なのよね?」「そうらしい」「あの時………とても怖かったの

傭兵さんのおかげで助かったけど………まだあの時の夢を見るの