牧野 パチンコひまわり

牧野 パチンコひまわり

 日差しを受け、薄暗い倉庫内で輝く尖った先端

 その切っ先が、男の子の顔へと向けられる

「……どういうつもりかな」「契約は守ると言った」「来るなら来なさい」 突然立ち上がった二人が、構えを取ってケイの前に立ちふさがる

 男の子を後ろにかばい、一歩も引かないという表情で

 恐怖も奢りも、過信もない

あなたも好きかも:信奈の野望 スロット 評価
 契約を守るという強い意志だけが、彼女達からは感じ取れる

あなたも好きかも:ブラックジャック ロリコン
「名雲さん」「そいつらは本気だ

そういう奴らだからな」「分かりました」 鉄パイプを、壁際へ投げるケイ

あなたも好きかも:種村有菜 ブラックジャック
 そして醒めた眼差しを、正面へと向ける

 身構えている女の子を通り抜け、その後ろへ身を隠す男の子へと

「他人の信条をとやかく言いたくないが、この子達がいなかったらその耳無くなってたぞ」「ぼ、僕は」「お前の話を聞く気はない」 名雲さんと視線をかわしたケイは、小さく頷いて後ろへ下がった

 女の子達は構えを取ったまま、男の子の前から離れない

  正直腕はそれ程無く、こういう現場にも慣れていない雰囲気だ