ブラックジャック 心理戦

ブラックジャック 心理戦

リリアさんが囮になってくれている今こそ、我々の好機……」「リリアちゃんがこんなに頑張ってくれたのに、私達が頑張らないわけにはいかない」「ぼ、僕も微力ですが頑張ります!」 みんな水くさいよと、一緒に戦う意思を示してくれた

「差し当たっては、クルシアへの対策でしょうか? そのあたりの確認はしておきたいですね」 ケースケ・タナカの話もキリよく終わったのでと、今後の対策を話し合う

「あの野郎はリリアちゃんが封じたから、残りの連中だな」「そのクルシアもこの契約魔法を破る可能性は高いよ

あなたも好きかも:コンドル パチンコ 大阪
対策するにしても時間はあんまりないかも……」 俺の手の甲の紋章が消えれば、クルシアが解放されたという証明になる

 この紋章のある無しでクルシアの動向を監視できるのは大きい

あなたも好きかも:スロットカー 007
「この際だからクルシア以外の人達も封じればよかったのに……」「それは無理だよ、シア

多分、命を宣言しなかった理由と同じだよ」「あっ、なるほど」 リュッカの察しの通り、クルシア以外の面々も封じるような取引をしてしまうと、おそらく結末は違っていただろう

 俺はこの世にはいないだろう

あなたも好きかも:スロット まどマギ2 セリフ ほむら
「つまりはあそこまでが妥協点だったと……」「結局ね

しかも仕留め損ねた」 クルシアの動きだけでも封じれたのは大きいとハイドラスはフォローを入れると、「しかし、クルシア以外の戦力もかなり大きい」「先程リリアさんが仰った通りですね」 クルシア達のメンバーを改めて確認する

「クルシアを除く主戦力はバザガジール、リュエル、ザーディアス殿

ドクターという男に関しては戦力は不明だな」「そのドクターについてだけど、多分強いよ」「なに?」「アイシア、リュッカ

おっさんを迎えに来たルーン・ゴーレムがいたでしょ?」 二人は簡単に思い出すと、こくりと頷く