戦国 乙女 スロット 評価

戦国 乙女 スロット 評価

 流石に、セイヤとシアの教科書は実際に使っているものなので、管理層には持ってきていない

 トワとルカに確認してもらう必要があるので、ミアに首を傾げられながらも頼んだのだ

 ついでに、教科書を持ってきたミアに「これに、問題があるんだけれど、何が問題か分かる?」と屋敷で見た魔法陣に関する教科書を見てもらった

 だが、考助にとっては残念ながら、ミアにはその問題点がよくわかっていなかったようだ

 さらにフローリアにも見てもらったが、答えはミアと同じだった

 結局、考助が感じている問題点は、ほとんどの者たちに理解されることはなかった

あなたも好きかも:秋葉原 まどマギ スロット
 唯一、精霊術の本を書いたセシルとアリサは問題点に気付いたようで、考助に何か言いたげな視線を向けていた

 ただし、一応後からトワとルカが来ることになっているので、その場での発言は控えてもらった

 そして、約束の二日後

あなたも好きかも:スロット おすすめ 新台
 トワがルカを伴って管理層にやってきた

 考助がこうして呼び出しをすることなどほとんどないので、トワの顔には緊張が浮かんでいた

あなたも好きかも:パチンコ ジャラン 平塚
 実際、いきなり案内された会議室に、管理層に居るメンバーのほとんどが集まっているのを見て、顔を引き攣らせていた

「・・・・・・呼び出しを受けてきてみれば、一体何があったのですか?」 どう考えても普通ではない雰囲気に、トワがそう恐る恐る切り出した

 一緒に呼び出されたルカは、今にも震えそうな顔をしていた

 そんなトワとルカに、考助は苦笑をしながら言い訳をした