ecj パチスロ

ecj パチスロ

 この攻防戦終盤に、モンティニー城館から出撃した仏軍騎兵3個中隊からなる襲撃が発生しますが、これはアマンヴィエ街道屈曲点付近の近擲弾兵第1連隊第2大隊が迎え撃ち、第9軍団砲兵による援護砲撃も加わって撃退に成功するのです

しかし、騎兵の襲撃によって普軍側の散兵線に乱れが生じ、戦線を整理するため普側が射撃を中止したため、午後7時頃、この地の戦闘は一時収まることとなったのでした

 この近第3旅団の左翼(北)側では、H師団の第49旅団による攻撃が進展しています

 旅団長で普軍人の男爵フリードリヒ・ヴィルヘルム・ルートヴィヒ・フォン・ヴィッティヒ中将は、H第1連隊長コールマン中佐に同行し、この辺りから工事中となる鉄道路盤に沿ってキュセ森内に部隊を進ませます

 鉄道の南ではH第1連隊第2大隊が森の東端にいた諸兵(H第4連隊第3中隊とH第3連隊の一部兵士)をも加えて森から出ました

鉄道の北側では元より展開していた2個中隊(H第1連隊第1,4中隊)の左翼にH第1連隊第2,3中隊が後方より加わり、更に第3中隊の左翼と鉄道線路の間にH第2連隊長クラウス大佐が直率するH第2連隊第2大隊が加わって東進、こちらも森の東端で戦っていたH猟兵第2大隊の一部兵士(残った猟兵は鉄道線の堤を警護)を加えるのでした

 これらH師団の最左翼となったH第1連隊第1,4中隊は、同じ第1大隊の第2,3中隊が前進する前にフォン・ロエーダー大尉に率いられて北東方向へ前進し、H歩兵の前進に対し突撃して来た仏シッセ師団ブライエ旅団の一部を迎え撃ち、これを撃退しました

あなたも好きかも:東陽町 パチンコ メッセ
第1大隊長のアンシュッツ少佐は残る第2,3中隊を率いて続行しましたが、撃退されて怒ったのか仏軍の射撃は猛烈で、窪地に潜んで散兵線を敷くことが出来た先行両翼中隊と違い、遮蔽の少ない斜面で射撃を受けた両中隊は、左右に分かれて高地斜面下まで退却するしかありませんでした

あなたも好きかも:ライブ カジノ 入金 不要 ボーナス
 線路を挟んで前進する残りの諸隊は、開けた荒野にポツンと存在した前方の踏切にある踏切番の小屋を目標に突進します

あなたも好きかも:アレンジ パチンコ
この踏切に達したのは、H第1連隊第3,5,6,7中隊にH第2連隊の第2大隊で、この攻撃も猛射撃の下で行われ、犠牲は大きなものとなりました

 線路の南を進んでいたH第1連隊第2大隊長のハーン少佐は戦死し、弟が左翼側で奮戦中のフォン・ロエーダー少佐が指揮を代わりました

ロエーダー少佐は第5中隊を直率すると、踏切小屋から線路沿いに急進し、鉄道未完成区域の南側で近シュッツェン大隊を銃撃中の仏ロロンセ師団の散兵線に対し突撃を敢行しました

 これと同時に鉄道線の北では、H第2連隊第6,7中隊が同連隊第2大隊長ホフマン少佐に率いられて前進し、第49旅団長のフォン・ヴィッティヒ将軍は、ホフマン少佐の残した部下200名余りを率いてホフマン少佐に続いて仏軍散兵線へ突撃し、苦戦中の近衛兵を何とか助けようと試みたのです

 更にこの攻撃陣の後方から進んだのは、H第3「親衛」連隊長のシュトゥンム中佐率いる数個中隊でした

中佐はキュセ森を北東へ進み、森の東端付近で鉄道を横切ると北側から踏切を右に見て進もうとしました

 しかし、ヴィッティヒ将軍率いる兵士を始め、何波にも及んだH師団の攻撃も全て失敗する運命にありました

これはH軍の勇敢さや戦力が劣ったためではなく、開けた射界を持つ緩斜面上にある遮蔽十分な散兵線に対する正面攻撃、というH師団の自殺的攻撃が理由の全てと言えるでしょう

 部下を面前で多数失ったヴィッティヒ将軍は攻撃中止を叫び、兵力を減損した第49旅団ほか諸中隊は、踏切小屋の拠点周辺に急遽設えた散兵線まで退いたのでした

勇敢にも手近の中隊を率いて突進したH第3連隊長シュトゥンム中佐は重傷を被り、後退中に息を引き取ったのでした