カジノベイ スロット

カジノベイ スロット

……やっぱり一応のルールありとは言え、俺達のレベル的にも破壊の範囲が広がっているな

「“ウィンドキャノン”!」「“ブラストショット”!」 一方でユメとダークネスの風魔法、風魔導がぶつかり合い、竜巻を彷彿とさせる暴風の嵐が巻き起こり、辺り一帯を大きく吹き飛ばした

 観客席に居るマイとリリィは心配だけど、一応バリア的なモノは張られている

大丈夫と思おう

「……っと

平気か? ユメ」「あ、ライトさん

ここまで吹き飛ばされてしまったのですね」「その精神状態でよく頑張るよ

ダークネス」「シャイン

ううん、別に平気

あなたも好きかも:ピグ スロット ツール
あの子の前で情けない姿は見せたくないから……! 勝ち越さなくちゃ……!」 風の衝突によってユメとダークネスがそれぞれ俺とシャインの元に飛ばされ、俺達は二人を受け止める

あなたも好きかも:スロット 手荒れ
 精神的なダメージが残っているダークネスだが、ユメが居るからこそ努力し続けているらしい

あなたも好きかも:パチンコ 東京 回る店
 職業的なモノじゃなく、友人や魔力系統を扱う職業の先輩のような立場としてユメの前で情けない姿は見せたくないようだ

「ここからは2vs2かな」「元々4vs4だ

各々(おのおの)で戦う相手を、勝手に決めていただけだからな」「ハッハ! 確かにそうだね

個人戦みたいな感じになっていたけど、やり方は団体戦

別に四人が一人を狙い撃ちしても良いルールだ」「その代わり他の三人がフリーになるから、止める為にも自《おの》ずと個人戦チックな戦いになっていたって訳だ」 特にルールらしいルールも決めていないが、何となく自分達が誰と戦うべきなのかは分かっていた