ゴールド ラッシュ ゲーム

ゴールド ラッシュ ゲーム

 私はそれに応えられるのか

 せめて、その手助けが出来るのか

あなたも好きかも:新台 スロット ワンバー
 夕闇に浮かぶ小さな手をじっと見つめ、自問する

「学校最強だ?お前、随分偉いんだな」 後ろから、ぐいぐいとショウの首を締める瞬さん

 どうして鶴木家に来ていたのかは知らないが、ショウにとっては不幸としか言いようが無い

「瞬さんは、そう呼ばれてなかったんですか」「彼の場合は、強いではなく凶の方ですからね」 笑い気味に指摘する月映さん

あなたも好きかも:中野 駅 パチンコ
 未だに息子の首を締めつづけている姿を見る限り、その話は十分に納得出来る

あなたも好きかも:戦国おとめ ぱちんこ 甘 初代 設置店
「誰が強くてもどうでもいいと思うけどね、俺は」 至って軽い調子で話す鶴木さん

 内心はともかく、この人は確かにそういう事へのこだわりはあまり見せない

 性格的な部分でもあれば、それだけ大人でもあるんだろう

 まだショウにむしゃぶりついている人は知らないが

「大体この中で誰が強いかなんて言い出したら、死人が出る」 げらげら笑う瞬さん

 笑い事ではないが、多分冗談で済む話でもない

 実際それだけの実力を持ち、またそのために己を磨いてきた人達

 前大戦での数多くの勲章が、図らずもそれを物語る

「俺をお前達と一緒にするなよ

俺は戦争中、ずっと参謀本部で大人しくしてたからな」 澄ました顔でそう語る鶴木さん

 すると瞬さんはすっと目を細め、顔の前で指をくるくる回し始めた