ルーレット 製作

ルーレット 製作

『食べながらでいいから、話を聞いて覚えておいてくれ

君が直ぐに解放してほしいとなっても、私は旅に出ていてよく知らなかったんだが、さっきの兵士が言っていたように、孤児を無理矢理に保護する政策があるらしい

だから君を私の秘書から解放するのなら、国の無理な政策も及ばない土地か、この国でダメだったのなら外国でもいい

君が―――』『ロック』話を真剣に聞いている為か、チーズが挟まれたパンを握りしめたまま食べずに黙っていた少年が、急に口を開いたので、ピーンは本の少しだけ驚いてチーズを炙っていた鉄串を揺らしてしまう

あなたも好きかも:パチンコ ビンゴ 北海道
『っと、チーズがもったいない!』慌てて自分のパンに少々蕩(とろ)けすぎたチーズを挟み、それからロックを見ると、パンを握りしめて固まっている少年はゆっくりと口を開いた

『ロックと呼んでください、"旦那さま"―――

僕は、貴方の賢者ピーンの秘書になります

何が出来るわけではないですけれど、仕事も自分で覚えるし一生懸命やります』焚き火の炎を瞳に映しながら、大きすぎるシャツから出ている細い身体を震わせながらそう言った

あなたも好きかも:ベガス パチンコ
ピーンは考えていた以上に真剣なロックの様子に、ボリボリと頭を掻いてから、険しく額にシワを刻んで意識してわざと重々しく口を開く

『早まる事はない』圧のある声に、兵士達からから腕を捕まれていた時以上に、怯えた表情を浮かべ、ロックはチーズを挟んだパンを落としてしまっていた

(脅しが過ぎたか?)ロックが落としたパンを拾って、ピーンは出来たばかりの自分のパンを差しだした

怯えから驚きにと、忙しく表情を動かしながら、差し出されたパンと"旦那さま"を見比べるロックに、ピーンは苦笑いを浮かべた

あなたも好きかも:東金 パチンコ
小さく息を吐くと、少し蕩けすぎたチーズのパンを押し付け、"秘書"が落としてしまったパンの表面を軽く叩くと、ピーンはそれをムシャムシャと食べ始める