ブラック ジャック 2ch

ブラック ジャック 2ch

 正直森の中の状況がわからないと判断のしようがない

 そう思った俺は、目でマイに判断をあおいだら、マイもこちらを向きしっかりと頷いてくれた

「状況が読めないうちでは作戦の立てようがないわ

しばらくここで待機しましょう」「そうね」「あぁ」 マイの一言が合図になり、途端に緊張感が抜けていくのを感じ、俺とマイは地面に腰をおろした

「では、私も便乗させていただきますね」「「……」」「ど、どうぞ!」「ありがとうございます、ティスティさん

あなたも好きかも:栃木 パチンコ 爆サイ
それではお言葉に甘えて」 こうして否定も肯定もできない俺とマイの代わりにティスが答えたことで、なし崩し的に新たなメンバーが加わることになった

 そんなやり取りがあった一時間前

あなたも好きかも:パチスロ マクロス フロンティア 2 攻略
 ◆ハイムの森 決起隊隠れアジト「隊長!」「おぅ、どうした?」 ラインが声がした方を振り向いてみると、隊員の一人がビシッと敬礼をして立っていた

「アイルクーダ、クレアシオン王都方面に派遣しておりました隊員、すべて帰還いたしました!」「そうか、ご苦労様

あなたも好きかも:クロちゃん パチンコ 来店
では、予定通り明日作戦決行する

各自準備を万全にするように徹底させてくれ」「ハッ! では、失礼いたします!」 隊員は再び敬礼して広間に戻っていった

「隊長、いよいよですな」「あぁ、その通りだ副長

お前とは長い付き合いだが……ここらでケリを付けてやるさ」 そう、あいつと果たせなかったこと

【この世からアルクエードをなくす】 そのために、大勢の仲間が犠牲になった

 ただ、あんな事件を二度と起きないようにするためにも――

「それにしてもーー随分順調にメンバーが集まったものだな」「はっ! それはもう秘密裏に集めましたから

これだけの人数が揃えば、教団の奴らも明日は一網打尽ですね、隊長!」「まぁ、な」 意気込む部下に対してラインは煮え切らない返事をした

(確かにこれだけの戦力がいれば、教団を抑えることができるかもしれない