スターゲイト パチスロ

スターゲイト パチスロ

 庭園を初めとした奇縁は、一月に一度は欠かさず手紙が送られてくる

兵士としての現状報告や、何気ない日常についてのことを書き綴った内容だった

 二年目か、三年目

 タガネも副団長に言われて渋々と返信を出す

 それから、ヌステーノの近くで仕事があると二人で街を巡ったり遊ぶようになった

無論、互いに苦のない暇ができたときに限る

「私、少し昇進したんだよ」「へえ」「隊を任されるようになった」「ほう」「これでタガネと同じだ」「ふうん」「…………聞いてる?」「はあ」「…………ふんだ!」 シルが唇を尖らせて拗ねる

あなたも好きかも:カジノ サミー
 タガネは無視して目についた露店の中を覗く

 それから軽食を注文し、二人分を買って彼女の分けた

 シルは驚いて手の中の物を見る

「え?」「まだ何も食ってないだろ」「私は、そんな空腹に堪える顔をしてた?」「ああ、見るに堪えない面だった」「…………ふふ、ありがとう」 シルは笑顔で軽食を頬張る

あなたも好きかも:ユーチューブ パチスロ 新台
 タガネもそれを見てから口をつけた