シンフォギア パチンコ 確定演出

シンフォギア パチンコ 確定演出

 ゆっこ姉の話題はここで終わった

あなたも好きかも:スロット エヴァ 解析
風音たちは以降は自由行動とし、夜までに時間も多少あったので王都を散策した

その際、風音は王都の魔導学習院で炎のグリモアの第三章を購入し使用

ホテルに戻ると夜中までクリエイターモードで魔術作成を行なっていた

あなたも好きかも:114270 z ルーレット
◎王都シュバイン クライリーズホテル 翌朝「やっほー」「……むぅ」 風音が眠い目をこすりながら目を開けるとゆっこ姉の姿があった

「何してんの?」 ふあー、とあくびをしながら風音が起きあがる

「何って冒険の準備?」(そういえばいきなり旅行に行こうとか言って家に来たこともあったなあ) そんなことを思いながら風音は起き上がり、寝間着を着替える

 その様子をいち早く起きて驚いていたジンライたちが呆然と見ている

あなたも好きかも:丸三 松山 パチンコ
「カザネ、まったく動じてませんわねえ」 ティアラの感想に弓花が「あははは」と乾いた笑いを浮かべた

ゆっこ姉は普段は人当たりよい性格をしているが速断即決の人である

一度決めるとさっさとことを起こしてしまうタチだった

「で、なんでこんな朝早いの? たしか今日辺りに日取りを決めるつもりだったよね?」 不滅のマントまで羽織った風音がゆっこ姉に質問する

「待ちきれなくって」 そうシナを作って答えるゆっこ姉に風音は言う

「ジークくんはいっしょじゃなくていいの?」「あらやだ

聞いてるのね

ジークの名前をいただいちゃったわよ」「いいよ

私もユッコネエの名前もらったしね」 風音は優しく光るチャイルドストーンを撫でながら答える

「うん? とりあえず息子はまた今度会わせるにしても旧友との交流を深める旅には連れていけないわ」「公務とかあるんじゃないの?」「イリアちゃんっていう優秀な影武者がいるから大丈夫よー」 その言葉にメフィルスとジンライ、ルイーズがわずかに反応する

が、気付いたのはその名を口にしたゆっこ姉だけだった