バイオハザードゼロ パチンコ 信頼度

バイオハザードゼロ パチンコ 信頼度

そして、こちらが情報を集める時間が稼げる」「……うむ」 ベンノの言葉に重々しく頷いた後、父は眉を寄せて、わたしを抱き上げた

あなたも好きかも:パチンコ デルダス 稲敷
「マイン、どうする? 神殿に向かうか? 家に帰るか?」 一人になりたくないと言えば、家に連れて帰ってくれるだろう

だが、ルッツや家族が見知らぬ者に絡まれる可能性は高くなる

あなたも好きかも:マクロスフロンティア3 スロット
「……離れるのは嫌だけど、ルッツや家族に何かあったらもっと嫌だから、神殿に行くよ

どうせ、そろそろ雪が降るし」 それでも、少し不安でわたしは父の上着を握る手に力が籠る

「大丈夫だよ、マイン

あなたも好きかも:うさみぺろりな スロット
わたし、いっぱい遊びに行くから寂しくないからね」「うん」 わたしはその日から神殿で冬籠りすることになった

 インク生産は丸投げしましたが、少々不穏な空気です

 そんな感じで冬籠りの開始です

 次回は、神殿教室と冬の手仕事です

父とトゥーリに神殿の部屋まで送ってもらうと、フランが目を丸くして出迎えてくれた

家族とわたしを交互に見て、目を瞬いている

「どうなさったのですか、マイン様」「フラン、突然でごめんなさいね」 わたしは中に招き入れようとするフランを止めて、戸口で軽く事情説明をする

インク協会の会長から情報を得ようと狙われている事、ルッツが見知らぬ男達に絡まれたこと、安全のために少し早いけれど神殿での冬籠りを開始することを話した